RSS | ATOM | SEARCH
展覧会企画と作品公開について
みなさん、こんにちは!

今日は朝から雨。梅雨らしい、しっとりとしたお天気になっています。
みなさんの地域はいかがでしょうか?

お住まいの地域によっては、雨の日と晴れの日の気温差が大きいところもある
と思います。体調を崩しやすい時期でもありますので、みなさん引き続きお体
を大切にお過ごしください。

さて。

今回は、康耀堂美術館が「どのように展覧会を企画して、作品を公開している
のか?」ということについてお話をさせていただこうと思います!

康耀堂美術館には、近現代の日本画・洋画、ガラス工芸作品が約350点収蔵され
ています。できるだけ多くの作品をみなさまにご覧いただけるよう、季節毎に
テーマを設けて年3〜4回展示替えを行っています。

※康耀堂美術館のパンフレットに掲載されている作品について
 パンフレットに掲載されている作品は、収蔵作品の一部をご紹介しています。
 ご来館いただく季節やそのときの展覧会テーマにより、ご覧いただくことが
 できない作品がございますので、あらかじめご了承ください。



『康耀堂美術館パンフレット』


また、展覧会を企画する上で軸となっているテーマ設定。
そこには、展覧会の企画者(学芸員)からみなさまへ向けたメッセージが込めら
れています。是非、そのメッセージを読み解きながら、公開されている作品をご
観賞いただけましたら嬉しく思います。


●康耀堂美術館展覧会情報
 〜6/29(金)まで、春のコレクション展「Me Time」を開催中。

 詳しい展覧会情報はこちらへどうぞ!


康耀堂美術館スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています!

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
カフェぽっけ 夏の新メニュー
みなさん、こんにちは!

6/6(水)、関東甲信越も梅雨入り。
蒸し暑さを感じ、体を動かしていると汗をかくようになってきました。

気温が上がって暑くなると、冷たいものが恋しくなりますね。


みなさんは、康耀堂美術館の喫茶室「カフェぽっけ」に季節限定メニュー
があるのをご存知ですか?

この季節限定メニュー。
季節を夏と秋に分け、季節感のあるメニューをご提供させていただいていて、
今年から夏のメニューにコーヒーゼリーが仲間入りしました♪



『コーヒーゼリー』 価格:500円(税込み)
販売期間:毎年6月〜8月末


四角くカットされたコーヒーゼリーの中央にバニラアイスクリーム、
ホイップと細長い小さなクッキー、ミントの葉がトッピングされています。

コーヒーゼリーは深みのある味わいで、甘いバニラアイスと混ぜていただく
と美味しくお召し上がりいただけます。


美術館で絵画鑑賞を楽しんだ後は、ぜひ「カフェぽっけ」も合わせてご利用
いただけたら嬉しく思います。
この時期は、お天気がよければ中庭のテラス席が気持ちよくておすすめです。
また、カフェだけのご利用も歓迎します。お気軽にご来店くださいね。

みなさまのご来館・ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています。


●康耀堂美術館展覧会情報
 〜6/29(金)まで、春のコレクション展「Me Time」を開催中。

 詳しい展覧会情報はこちらへどうぞ!
author:koyodomuseum, category:カフェぽっけ,
-, -, - -
BOOKコーナー
みなさん、こんにちは!

今日は雨上がりの翌日。
少し風は吹いていますが、空気が澄んでいてとてもいいお天気になりました。

夏の入道雲のようなモクモクとした大きな雲が出ていたので、しばらくその雲の
行方を目で追っていたとき・・・。

「ハート形」の雲を見つけました!




どうですか?ハート型に見えましたか?(笑)

このお天気、来週の月曜日くらいまでは続くとか・・・。
みなさん、週末の予定はお決まりですか?

康耀堂美術館では、今年春のオープン時から『BOOKコーナー』を設置しています。



このコーナーには、康耀堂美術館収蔵作品の作家に関する書籍、月刊誌の「美術
の窓」や「美術手帖」、京都造形芸術大学発行の広報誌などを置いています。
テーブルと椅子をご用意していますので、気になる本を手に取って、ゆっくりと
お過ごしください。

また、テーブルの上に「みんなのあしあと」というノートが置いてあります。



蓼科に遊びに来た目的や美術館の雰囲気や展覧会を観た感想などなど。
お気軽に自由に記入していただけたら嬉しいです♪

ぜひ、みなさん。
この週末、康耀堂美術館へお出掛けください。

スタッフ一同、心よりお待ちしています!

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
星降る里
みなさん、こんにちは!

今日も朝からいいお天気だったので、開館前に少しだけ美術館周辺を散策。

昨年よりも早く開花した「ヤマボウシ」が、今年もお日さまに向かって元気
に咲いていました。



こちらは「シャクヤク」。
まだ蕾ですが、日に日に大きく膨らんで来ていて開花が楽しみ音符
今年も可愛く咲いてくれると思います。

 



昨日、文化庁の「日本遺産」に長野県8市町村と山梨県6市による八ヶ岳の
「星降る中部高地の縄文世界 −数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う
旅−」が認定されたというニュースを見ました。

日本遺産とは、文化財や伝統文化を通じた地域活性化を目的に、その歴史的
経緯や特色を語る「ストーリー」を認定するものとありました。

今回認定された「星降る中部高地の縄文世界」には、こんなストーリーがキラキラ

「八ヶ岳を中心とする中部高地には、ほかでは見られない縄文時代の黒曜石
鉱山があり、そのかけらがキラキラ耀く森を「星降る里」と言い伝えられて
きた。土器や土偶をみると縄文人の芸術性の高さに驚かされ、黒曜石や山の
幸に恵まれて繁栄した縄文人を身近に感じることができる。」

長野県8市町村の中には、康耀堂美術館がある「茅野市」が含まれていること
もあり、とても嬉しく思いました。

康耀堂美術館へお越しの際は、「縄文人に出会う旅」を意識してみてはいかが
でしょうか・・・。

ご興味のある方は、ぜひ日本遺産ポータルサイトをご覧くださいね!

●日本遺産ポータルサイト STORY #061
『星降る中部高地の縄文世界 −数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅−』


また、ただいま康耀堂美術館では、春のコレクション展「Me Time」を開催中。
忙しい時期だからこそ、ゆっくりと『自分の時間』を過ごしてみませんか?
当館収蔵作品の中から、ホッと一息つける日本画・洋画・ガラス工芸を選りすぐり
ご紹介しています。

今回ご紹介した「日本遺産ポータルサイト」と合わせて、当館公式ホームページも
ご覧いただけたら嬉しいです!!

●康耀堂美術館HP 春のコレクション展「Me Time」のご案内
author:koyodomuseum, category:美術館周辺情報,
-, -, - -
今、目の前にある景色
みなさん、こんにちは!

5月も半ばを過ぎ、こちらも暑くなってきました。

少し前まで、淡いピンク色のシャクナゲや橙色のツツジが全盛期でしたが、
今は黄色い八重ヤマブキや、白や濃いピンク色のドウダンツツジが元気に
咲いています。




この八重ヤマブキは、お客様の駐車場を囲むように植えられています。
植えられたのは、2010年4月。それ以来、年々成長を続け、今ではこんなに
元気な花を咲かせてくれるようになりました。




こちらはドウダンツツジ。残念ながら植えられた時期は分からないのですが、
毎年この時期になると、小さくて可愛い花を咲かせて、見るものを楽しませて
くれています。


季節はめぐり、目の前にある景色は日に日に移り変わっていくもので、
その日・その時にしか楽しむことのできない景色があります。

ご来館いただいた際には、ぜひ美術館周辺の木々や草花たちに目を向けて、
「今、目の前にある景色」も楽しんでみてはいかがでしょうか。


今日は金曜日♪

週末お休みでお時間のある方は、ぜひ康耀堂美術館へお出掛けください。
スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています。


author:koyodomuseum, category:美術館の四季,
-, -, - -