RSS | ATOM | SEARCH
冬期休業のお知らせ
みなさん、こんにちは!

康耀堂美術館は11月30日(木)をもちまして今年度の営業が終了し、
12月1日(金)から冬期休業期間に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客さまにご来館いただきまして、本当にどうも
ありがとうございました。

休業中は何 かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解 ご協力
のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、2018年は4月20日(金)より開館いたします。
また皆様とお目にかかれますことを、スタッフ 一同心より楽しみに
しておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
松ぼっくりツリー完成!!第二弾
みなさん、こんにちは!

先週に引き続き、25日(土)、26日(日)に季節を楽しむワークショップ
『松ぼっくりでクリスマスツリーを作ろう!』を開催いたしました。
クリスマス1ヶ月前ということもあり前回より多くの方にご参加いただきました。
みなさん素敵な松ぼっくりツリーを作ってくださったのでご紹介します!






今回ご参加いただけなかった方も松ぼっくり、絵の具(アクリル絵の具がオススメ)、絵筆、木工用ボンド、飾り(ビーズやリボンなど)があれば簡単に作れます。
作り方は以下を参考にしてみてくださいね。


クリスマスツリー松ぼっくりツリーの作り方クリスマスツリー

‐召椶辰りを用意する(ワークショップでは松ぼっくりを選ぶ)
※自分で拾ってきた松ぼっくりは乾燥させて笠を開かせます。乾燥方法はヒーターやストーブの前に置いておくと約1日で開きます。開いたら松の葉やホコリなどを筆を使って取り除いてから以降の手順で進めてくださいね。

絵の具で着色する(ワークショップではアクリル絵の具を使用)

飾りをつける(ビーズやリボンなどを木工用ボンドで接着)

づ畋罎鬚弔韻(ペットボトルの蓋やラップの芯にマスキングテープを巻きつける)

ゴ粟!!


ほとんどの材料が100円ショップで揃いますのでぜひお家で作ってみてくださいね♪
来年も季節を楽しむワークショップを企画していく予定ですのでどうぞお楽しみに!

そしていよいよ明日30日(木)で今年度の営業は最終日となります。
明日最終日は通常通り10時から17時まで開館しておりますので、
まだご覧になられてない方はお時間ございましたらお越しください。

学生たちが一生懸命考えて素敵な展示になっております。ぜひご観覧くださいませ。




author:koyodomuseum, category:イベント情報,
-, -, - -
松ぼっくりツリー完成!!
みなさん、こんにちは!

昨日の朝は初雪!うっすら積もる程度でしたが冬の訪れを感じる今日この頃です。

さてさて、康耀堂美術館では季節を楽しむワークショップ『松ぼっくりでクリスマスツリーを作ろう!』を先週末18日(土)と19日(日)に開催しました!

急遽場所を回廊スペースから併設しているカフェぽっけに変更して行いました。
松ぼっくりを絵の具で着色する時間は黙々と集中して作業されていました。




同じ手順でも作り手の個性が出るこの松ぼっくりツリー。
みなさん1個目は緑色のスタンダードなツリーを作られるのですが、
2個目はちょっと雪が積もったように白くしたり、クリスマスカラーの赤を塗ったりとよりオリジナルなツリーに!
ご参加いただいたみなさま、寒い中お越しいただきましてありがとうございました。


大きなクリスマスツリーも良いけれど物置から出入れするのは億劫...。
でもクリスマス気分は味わいたい、そんな方に松ぼっくりツリーはピッタリです!
おうちの玄関やお手洗いのコーナーやダイニングテーブルにクリスマスケーキの脇にそっと置くのもオシャレですね。自分で作ったものは愛着がわきますし何よりこのミニサイズが可愛いんです!

小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで年代問わず簡単に作れますので、
ぜひご家族みんなで作ってみてくださいね。

そしてそしてまだ今週末の25日(土)と26日(日)の『松ぼっくりでクリスマスツリーを作ろう!』ワークショップ申し込み受付ております!ご興味のある方ぜひお問い合わせください!



【開催日】11月25(土)、26(日)
【時 間】14時00分〜15時30分
【場 所】美術館 回廊スペース
【参加料】200円(材料費込み、展覧会観覧希望の方は別途300円)
【対 象】どなたでも!
【定 員】各日10〜15名程度(事前申込みが必要)
【申込み】お電話にてご連絡ください  
     電話京都造形芸術大学附属 康耀堂美術館 TEL:0266−71−6811 
【その他】お持ちいただくものはありませんが、絵具やボンドを使う
     ので、汚れてもいい服装でご参加ください

康耀堂美術館でクリスマスの準備一緒に楽しみましょう!
みなさんのご参加お待ちしておりますサンタ
author:koyodomuseum, category:イベント情報,
-, -, - -
季節を楽しむワークショップ『松ぼっくりでクリスマスツリーを作ろう!』
みなさん、こんにちは!

今週はどのような週末をお過ごしでしょうか?

今日は少し早めに家を出て、竜神池周辺を散策して来ました。
雲ひとつない青空が広がって、八ヶ岳が綺麗に見えました。



写真が小さくて見えにくいかもしれませんが、薄っすらと雪化粧を
しています。

寒いはずですよね。吐く息は真っ白、手は冷え冷え。指先の感覚が
無くなるほどでしたから・・・。

そんな寒さだったのに、池の畔には数人の釣り人が。

「竜神池、何が釣れるのかな〜?」

とっても気になるので、近々調査してみたいと思います!!
何が釣れるのか分かったらご報告しますので、首を長〜くして待って
いてくださいね。(笑)

もう紅葉のピークは過ぎていますが、赤や橙色のもみじがお日さまの
陽射しを浴びて透き通っていました。

 



秋の行楽シーズンが過ぎて、少し周辺が静かになってきている康耀堂
美術館から、季節を楽しむワークショップ開催のお知らせです。

題して、『松ぼっくりでクリスマスツリーを作ろう!』。




【開催日】11月18日(土)、19(日)、25(土)、26(日)
【時 間】14時00分〜15時30分
【場 所】美術館 回廊スペース
【参加料】200円(材料費込み、展覧会観覧希望の方は別途300円)
【対 象】どなたでも!
【定 員】各日10〜15名程度(事前申込みが必要)
【申込み】お電話にてご連絡ください
【その他】お持ちいただくものはありませんが、絵具やボンドを使う
     ので、汚れてもいい服装でご参加ください

参加対象は、小さなお子さまから大人の方まで。簡単な手順で、こんな
に可愛い松ぼっくりのツリーが完成します♪



来月のクリスマスに向けて、一緒に楽しく制作してみませんか?
スタッフ一同、みなさんからのたくさんのお申込みをお待ちしています。
author:koyodomuseum, category:イベント情報,
-, -, - -
『Autumn Concert 2017 〜Mandolin〜』 のご報告
みなさん、こんにちは!

3連休、いかがお過ごしでしょうか?今日は3連休最終日ですが、
みなさんにとって素敵な休日となりますように♪

3連休中日の11月4日(土)、14:00〜15:00。

康耀堂美術館では今年最後のイベント『Autumn Concert 2017
〜Mandolin〜』
が開催されました。

お天気は朝から不安定。お日さまが顔を出して青空が見えたかと思
えば雨が降り出し、その雨が止んだかと思うと、またお日さまが顔
を出す・・・。

そんな変動の激しいお天気だったにも関わらず、たくさんのお客様
にご来場いただき、イベント会場(展示室B)は満員御礼。
ご来場いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

企画当初、折井清純さんのマンドリン・ソロを予定していましたが、
ギター奏者の棟居淳さんにもご出演いただけることになり、『マン
ドリン&ギター コンサート』が実現しました。





演奏曲目は、「星に願いを」「見上げてごらん夜の星を」「舞踏会へ
の憧れ」「チャルダッシュ」「幻想曲 桜」・・・など。

演奏と演奏の合間には、トークも交えてくれました。

子役・タレント・歌手と多方面で活躍している芦田愛菜ちゃんが、
中学校の部活動でマンドリンクラブに入部されているそうです。
その愛菜ちゃんが、この夏「徹子の部屋」に出演した際、マンドリン
の演奏を披露したそうですが、とてもお上手なんだそうです。

そして、愛菜ちゃんがマンドリンをはじめた!ということで、「多く
の方にマンドリンのことを知ってもらうきっかけになったら嬉しい」

とおっしゃっていました。




折井さんがあの小さなマンドリンを抱きかかえ、体で包み込むように
演奏している姿を見て、折井さんがマンドリンを心から大切にしている。
そんな想いが伝わってくるようでした。

棟居さんはとても姿勢がよくて、背筋がピーンと伸びている方でしたが、
そこはやはりギタリスト。曲が盛り上がるところでは、自然と体が前傾
になって真剣な表情でした。

そんなお二人の演奏する姿がとても印象に残っています。

折井さん・棟居さん。
今回の『マンドリン&ギター コンサート』では、おふたりの息の合った
素敵な演奏を楽しませていただき、どうもありがとうございました。


author:koyodomuseum, category:その他のおしらせ,
-, -, - -