RSS | ATOM | SEARCH
ワークショップ『若狭宣子さんと森のブックカバー作り』のお知らせ
みなさん、こんにちは!

紅葉のピークが過ぎ、だんだんと風景は寂しくなってまいりましたが、
康耀堂美術館は元気に開館しておりますのでぜひお立ち寄りくださいね!

さて、お待たせいたしました!
今週末の11月17日(土)と来週末の11月25日(日)に季節を楽しむワークショップ
『若狭宣子さんと森のブックカバー作り』を開催します!


  【 時間 】各日13:30〜15:00
  【 場所 】康耀堂美術館
  【 料金 】1,000円(材料費、美術館観覧料込み)
  【 講師 】若狭宣子(画家)
  【 対象 】小さなお子様から大人の方まで
  【 定員 】各回12名 ※要申込み
  【 持ち物 】汚れても良い服装。外に出ますのであたたかい服装。
  【 申込み方法 】お電話、FAXまたはメールにてご連絡ください。
       ●TEL:0266-71-6811  ●FAX:0266-71-6812 
       ●Email:info1@koyodo-museum.com

地元水彩画家の若狭宣子さんと美術館を囲む森の中の落ち葉を使って
和紙のぬくもり溢れるオリジナルブックカバーを作ります。

信州の長い冬を目前に控える11月、芸術・読書のを満喫しましょう!
ぜひお気軽にご参加ください♪
author:koyodomuseum, category:ワークショップ,
-, -, - -
『オータムコンサート−二胡−』のご報告
みなさん、こんにちは!
11月に入り寒さが増して冬が今年もやってくることを実感したかと思えば、
季節外れのあたたかさが戻ってきたりと気温の差がとても激しい今日この頃。
体調崩されていませんか?体調管理には十分気をつけていきましょうね!

それでは、お待たせいたしました!
先週11月3日(土・祝)文化の日に開催しました
『オータムコンサート− 二胡 −』の模様をお伝えします♪

当日はたくさんの方にお越しいただき、二胡の演奏をお愉しみいただけて
大変嬉しく思います。


今回演奏していただいたのは二胡奏者の野田裕子さん。
チャイナドレスで演奏される姿は美しく、会場を魅了していました。

初めて聴く二胡の音色は不思議なことにどこか懐かしい気持ちになりました。
中国の伝統楽器だからなのか東洋の古風なイメージが強かったのですが、
タンゴなどリズミカルで明るい曲ではまた違った魅力があり、演奏曲によって
がらりと印象が変わる二胡の表現の豊かさを感じるプログラムでした。

演奏をされる前に曲の説明や解釈などお話してくださいました。


最後の「戦馬奔騰」ではテンポの速さから生まれる超絶技巧に心奪われました。


アンコールにもお応えいただき、今年は災害に多く見舞われたことから
「花は咲く」をお届けくださいました。



野田さん、心に残る素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。

今回のコンサートイベントは今年度最後のイベントとなります。
お越しいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。


11月はワークショップの開催を予定しております!どうぞお楽しみに♪

author:koyodomuseum, category:イベント情報,
-, -, - -
『オータムコンサート−二胡−』のお知らせ
みなさん、こんにちは!

秋もすっかり深まり康耀堂の木々の紅葉もだいぶ進んできました!
今年は夏の暑さの影響なのか紅葉せず葉が落ちてしまう樹もありましたが、
中庭の紅葉は綺麗に色づいてくれました。
上手く撮影できなかったのでぜひ見にお越しください!

康耀堂から竜神池へ抜ける小道から覗く紅葉も綺麗でしたよ〜


ぜひお散歩におでかけくださいね♪

さて、来週の11月3日(土・祝)は『オータムコンサート− 二胡 −』を開催します!


【日 時】2018年11月3日(土・祝) 14時開演
【場 所】康耀堂美術館展示室A
 【料 金】500円 ※美術館観覧料込
 【演 奏】野田裕子


お座席は先着順です。入場制限がかかる場合もございますので
少しお時間に余裕をもってお越しくださいね。

今回は二胡奏者の野田裕子さんをお迎えします。
芸術の秋、二胡の透き通る音色と情感溢れる演奏に
酔いしれてみてはいかがでしょうか。

お風邪などひかれませんようあたたかい服装でお出掛けください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
author:koyodomuseum, category:イベント情報,
-, -, - -
秀草会特別展「野の花の寄せ作り」のご報告
みなさん、こんにちは!

今週末は3連休ですね♪
連休初日の今日は、爽やかな秋晴れでスタートしました。

周辺の景色に目をやると、日を追うごとに木々たちの葉の色が鮮やかに染
まってゆき、秋が深まっていることを感じます。

9/27(木)〜30(日)に開催された秀草会特別展「野の花の寄せ作り」に
集まった寄せ植えたちの中にも、紅葉がはじまっている寄せ植えが。

都合がつかず、ご来館いただけなかった方もいらっしゃると思いますので、
今回の特別展で、紅葉に目を奪われた寄せ植えをいくつかご紹介します。
色に引き寄せられているので、葉をアップで撮っているものが多いですが
お許しください・・・。










いかがですか?綺麗に紅葉していますよね!!
自然の色に見とれてしまいました。

今年、美術館周辺の紅葉が見頃になるのはいつごろでしょうか。
その時期が来たら、このブログを通じてお知らせできればと思っています。

それでは、みなさん。
素敵な連休をお過ごしください♪


● 康耀堂美術館展覧会情報 ●
  Autumn Exhibition 2018『Breath』を開催中
詳しい情報は展覧会のご案内 をご覧ください。

author:koyodomuseum, category:野の花の寄せ作り,
-, -, - -
秋のコレクション展『Breath』がはじまりました!
みなさん、こんにちは!

康耀堂美術館では、9月15日(土)〜9月26日(水)までお休みをいただき、
博物館実習と展示替えを行いました。

この期間中、本学・通信教育部博物館学芸員課程で学ぶ学生が38名集まり、
展示室A(日本画)と展示室B(洋画)に分かれて、秋のコレクション展
『Breath』の展示構成・レイアウト、展示を担当しました。

展示構成・レイアウト、展示の作業というのは、知識と経験のある学芸員
でも時間をかけたい重要な作業の1つ。その作業を、グループに分かれて
担当するとはいえ、学生たちは「3日間」という限られた日数・時間の中で
完結させなければなりません。実習内容は、なかなかハードなのです。

そんなハードな3日間を乗り越えた学生たちが完成させた秋のコレクション
展『Breath』が、本日からはじまりました!!




今回の展覧会テーマは『Breath』。

作品の中で息づく植物や動物などの「呼吸」から、命を感じる作品が出品
されています。また、本展は康耀堂美術館にとって、今年度最後の展覧会。

毎年、冬から翌年の春まで休館になる美術館だからこそのテーマになって
います。春を心待ちにする自然の息吹に耳を傾けながら、展示作品を深く
味わってみてはいかがでしょうか?


なお、本日から9/30(日)までの4日間限定で、秀草会特別展示『野の花の
寄せ作り』を開催しています。
今年はどんな雰囲気になっているのか・・・気になりますよね?

ほんの少しですが雰囲気をお楽しみください♪


エントランスにて



中庭通路にて



中庭テラスにて


まだまだ、たくさんの寄せ植えたちが中庭に集合しています。ぜひ、この
機会に秋のコレクション展と秀草会特別展示を合わせてご覧いただけたら
嬉しく思います。

みなさまのご来館を心よりお待ちしています。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -