RSS | ATOM | SEARCH
縄文と今をArtでつなぐ体験授業『わたしの祈願文様を染めよう!』
みなさん、こんにちは!

関東甲信越地方も梅雨明けが発表され、夏休みシーズンということもあり、
美術館周辺も賑やかになってきました。

そんな夏休みシーズンにピッタリの取り組み、縄文と今をArtでつなぐ体験
授業『わたしの祈願文様を染めよう!』
が、7/29(月)にお隣の尖石縄文
考古館で開催されました。

今年の参加者は、21名(小学生13名、中学生1名、保護者5名、教職員2名)。

●午前中の授業内容

1.「鑑賞のコツ」

講師/康耀堂美術館 学芸員 両角綾佳さん



参加者は、両角さんと一緒に「鑑賞」と「観賞」の違いについて、改めて考え
るところからはじまり、対話型鑑賞という鑑賞方法があること、鑑賞するとき
の4つのコツを教えてもらいました。


2.「土器のみかたと文様について」

講師/尖石縄文考古館 守矢昌文館長



守矢館長は、毎年ホンモノの土器を用意して、土器を触るときの注意点と鑑賞
の仕方を優しく丁寧に教えてくれます。この体験授業でだけ、特別にホンモノ
の土器に触れることができ、とても貴重な体験をさせていただいています。
また、土器に施された文様には意味があり、はじまりとおわり、物語やストー
リー性があるのだそうです。


●午後の授業内容

3.ワークショップ「わたしの祈願文様を染めよう!」

講師/本学美術工芸学科 河野愛先生 



午後のワークショップでは、河野先生にご指導いただきました。15cm角の渋紙に
自分の祈りや願いを抽象化してデザインを起こし、はさみで切りとり、祈願文様
の型紙を作るところからはじまりました。型紙ができたら、布の上に乗せて、
すりこみ刷毛という刷毛を使って、顔料を乗せていきました。

みんな真剣な表情で制作を進め、今年も素敵な作品が完成しました!!!







完成した作品を参加者全員分紹介したいのですが、参加者が細かい作業を重ねて
制作した作品たちです。以下の会場・日程で『作品展』を企画・開催しています
ので、ホンモノの作品たちをぜひご自分の目でご覧いただけたら嬉しく思います。

★体験授業/ワークショップ作品展

 ●康耀堂美術館
  展示期間/8/1日(木)〜8/16(金)まで
  ※本作品展は無料でご覧いただけます。ただし、夏のコレクション展『涼を
   求めて』をご覧いただく場合は、別途入館料が必要です。





 ●茅野市中央公館
  展示期間/9/7(土)〜9/16(月・祝)まで

 ●茅野市芸術祭
  展示期間/10/26(土)〜10/30(水)まで


一人でも多くの方にご覧いただけますように・・・。

------------------------------------------------------------------------

■康耀堂美術館の取り組み
 康耀堂美術館では、2011年度より茅野市教育委員会、茅野市中央公民館、尖石
 縄文考古館と連携し、京都造形芸術大学及び康耀堂美術館の専門性を取りいれ、
 茅野市が掲げる「縄文プロジェクト構想(国宝の土器や土偶を作りだした縄文
 の高い精神性を教育へ反映させる)」を軸に、縄文文化と芸術への関心を高め
 てもらうことを目的とし、茅野市内の児童生徒・教育関係者・保護者を対象に
 「縄文と今をArtでつなぐ体験授業(=縄文アート)」を毎年開催しています。


author:koyodomuseum, category:連携事業,
-, -, - -
ミュージアム・スタンプラリー2019
みなさん、こんにちは!

今日から3連休。みなさん、どのようにお過ごしになるのでしょうか。
お天気は不安定ですが、素敵な休日をお過ごしください。

さて、今年もミュージアム・スタンプラリー2019 信州あそぼ!
はじまりました。





●開催期間/2019年7月13日(土)〜9月1日(日)


参加館は全157館(今年も増えてます)。
もちろん、康耀堂美術館も参加しています♪

早速、1組の親子さんがご来館くださり、康耀堂美術館からのクイズにも
お答えいただき、キャラクターシールをゲットしてお帰りになりました。
子どもから大人の方まで、楽しく参加していただけるスタンプラリーです。

また、この機会に美術鑑賞の楽しさも味わっていただきたいなと思って
います。美術観賞は難しいものではありません。自分の好きなように、
自由に観ていただければいいのです。

もし、観方が分からなければ、美術館にいるスタッフにお声かけください。
いくつか「鑑賞のコツ」をお教えします!!

このスタンプラリーをきっかけに、康耀堂美術館へ足をお運びいただき、
美術観賞も合わせて楽しんでいただけたら嬉しく思います。

※『ミュージアム・スタンプラリー2019 信州とあそぼ!』の更に詳しい
 情報は、こちら をご覧ください。

みなさまのご参加(ご来館)を心よりお待ちしています。


● 康耀堂美術館展覧会情報 ●
  2019夏のコレクション展『涼を求めて』を開催中
詳しい情報は展覧会のご案内 をご覧ください

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
ワークショップ《真夏のマーブリング体験》
みなさん、こんにちは!

夏のコレクション展「涼を求めて」が始まって1週間が経ちました。

康耀堂美術館では、展覧会テーマにちなんで企画した、水を使ったワークショップ
《真夏のマーブリング体験》
を開催します。




開催日:夏のコレクション展会期中の毎週日曜日
時 間:1回目/10:15〜12:00、2回目/13:00〜14:45
料 金:500円 ※材料費込み
定 員:各回5名程度
申込み:美術館受付またはお電話にて承ります


●「マーブリング(墨流し)」とは?
 水面に水よりも比重の軽い絵の具や墨汁を垂らし、水面に浮かぶ墨汁や絵の具の
 模様を紙に染め取るアート技法の一つ。

水面に垂らした絵の具や墨汁が水面に広がって、一体どんな模様を作り出すのか?
どんな模様になるのかは、やってみてのお楽しみ♪
そこがマーブリングの面白さ・楽しさなのです。

手順はとっても簡単!!
ご興味のある方はご家族やお友達などとご一緒に是非ご参加ください♪

スタッフ一同、みなさまのご参加をお待ちしています!


author:koyodomuseum, category:ワークショップ,
-, -, - -
2019年夏
みなさん、こんにちは。

本日から、夏のコレクション展「涼を求めて」がはじまりました!




海や湖など、水辺の風景を描いた作品を観ると、水の冷たさや清々しい風を感じ、
冬には冷たい印象を与えるガラス工芸作品も、夏に観ると涼しげな印象を与えて
くれるものです。

本展では、海や川、湖や雨の一雫まで様々な水に関連した作品を中心に精選して
ご紹介します。作家一人ひとりの水の表現方法の違いを楽しみながら、この夏、
当館で少しでも涼を感じていただけたら嬉しく思います。


みなさまのご来館を心よりお待ちしています。


※展覧会に関する詳細は、展覧会のご案内 をご覧ください。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
休館のお知らせ
春のコレクション展「雪月風花」は、本日6/30(日)をもって終了いたしました。
ご来館いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。

7/1(月)〜4(木)は展示替えのため休館、7/5(金)より夏のコレクション
展「涼を求めて」
を開催いたします。





暑い夏にピッタリの展覧会となっておりますので、是非みなさまお誘い合わせの
上、ご来館くださいませ。

スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。





author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -