RSS | ATOM | SEARCH
『スケッチ作品展』 展示期間変更のお知らせ
みなさん、こんにちは!
康耀堂美術館周辺は新緑の季節になりました。

開館前に康耀堂美術館と尖石縄文考古館をつなぐスロープを歩きました。ただ歩くだけならほんの数分ですが、どんなに限られた短い時間であっても、「観察しよう!」という気持ちを持って周囲を見渡しながら丁寧に歩くと、いろんな気付きや発見があるものです。

今朝は、このスロープを康耀堂美術館側から下っていき、つきあたりまで行ったところでUターンして戻って来ましたが、ほんの数歩足を進めただけなのに、木々の若葉が朝日を浴びて透き通っているのがとても美しいと感じて、足元には小さくて白い花が咲いていることに気付きました。

 


今日は1人で歩いたけれど、次はスタッフを誘って歩いてみようかな・・・。
「私1人だけでは気付けなかった何か」を、そのスタッフが発見するかもしれないし、1人で歩くより誰かと歩いた方がきっと楽しいはずだもの。


さて、さて、じつはここからが「今日の本題」なのです。

ただいま康耀堂美術館では、5/14(日)に開催された縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』で、参加者のみなさんが制作したスケッチの作品展を開催しています。当初の予定では、5/31(水)が展示最終日となっていましたが、展示期間を延長して6/18(日)までご覧いただけることになりました!!

この「スケッチ作品展」スペースは無料でご覧いただけますので、受付で「作品展を観に来ました!」とお伝えくださいね。

こんな雰囲気で展示されています!!






なお、縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』の授業内容やその様子などは、康耀堂美術館ホームページ でもご覧いただけるようになっています。

是非この機会に、ご家族やご友人の方々とお誘いあわせのうえ、康耀堂美術館へ遊びにいらしてください。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
康耀堂美術館 開館!
長い冬期休館が明けて、康耀堂美術館は今日開館しました。

数日、強い風が吹いていましたが、今日は朝から穏やかな
お天気で、エントランスのパンジーが元気よく咲いていました。






ビタミンカラーのパンジーから元気をもらい、スタッフ一同
笑顔でみなさんをお迎えしたいと思いますので、今年も1年
どうぞよろしくお願いします。












author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
今年は4月20日(木)に開館です!
みなさん、お久しぶりです。

昨年12月から冬期休館に入っていた康耀堂美術館も新年度を
迎え、開館に向けて着々と準備を進めているところです。

毎年この時期になると、「今年はいつ開館しますか?」という
お問い合わせをたくさんいただきますが、スタッフにとっては、
「今年も開館を心待ちにしてくださっている方がいる」という
ことを実感できる瞬間でもあり、とても嬉しく思っています。
いつも、いつも、ありがとうございます。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

開館日/4/20(水)
営業時間/10:00〜17:00(最終入館16:30)


また、2017春のコレクション展では『みんなが恋した作品展』
を公開します。



2010年から2016年に当館で実施したアンケート結果から、
多くの人を魅了した日本画と洋画、ガラス工芸の作品を
ご紹介します。
また、今年「日本画・盪鈎ね宰弩10年」を迎えるにあたり、
収蔵作品を一挙公開します。


今年もたくさんのお客様にご来館いただけたら嬉しく思います。
みなさまのご来館をスタッフ一同、心よりお待ちしています。




author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
今年度の営業が終了しました。
康耀堂美術館は11月30日(水)をもちまして今年度の営業が終了し、
12月1日(木)から冬期休業期間に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客さまにご来館いただきまして、本当にどうも
ありがとうございました。

休業中は何 かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解 ご協力
のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、2017年は4月20日(木)より開館いたします。
また皆様とお目にかかれますことを、スタッフ 一同心より楽しみに
しておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
明日、最終営業日です。
みなさん、こんにちは。

今朝も冷え込みが厳しかったですね。

池の周りとエントランスに植えられていたゼラニウムを
屋根のある場所へ避難させたので少し寂しい光景の中庭。




先日の降雪で池の水を抜くタイミングを逃してしまい、
今朝も氷がはっていましたが、お日さまの光が反射して
きれいでした。




葉っぱが氷に閉じ込められている場所もありました。




明日は11月最後の日。
11月の終わりとともに、康耀堂美術館は今年の営業を
終了し、来春まで閉館期間に入らせていただきます。

明日11/30(水)は通常通り10:00から開館しますので、
是非お誘い合わせのうえ足をお運びください。


よろしくお願いいたします。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
本日、開館しています!
みなさん、こんにちは。

昨日の臨時休館では大変ご迷惑をお掛けいたしました。

本日は通常通り10時から開館しています。

お出掛けの際には、くれぐれもお足元にご注意ください。





author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
臨時休館のお知らせ
おはようございます。

本日、康耀堂美術館は臨時休館させていただきます。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。





author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
カフェぽっけの季節限定メニュー(秋)
今日から10月ですね。

新しい月の1日目というのは、なんだか新しい目標に向かってスタートを
切るときの気持ちに少し似ていると思うんです。
毎月1日はそんな気持ちになるので、毎朝「よし、今月もまた頑張ろう!」
と自分で自分を励ましています。
もちろん、今日も!!(笑)

みなさんもお身体を大切に、素敵な1ヶ月をお過ごしくださいね。


さて、「カフェぽっけ」では10月からの季節限定メニューがはじまりました。



『あったか白玉ぜんざい』 500円

肌寒い季節になってきましたので、カフェぽっけで、ゆっくりあたたまって
いただければと思います。


合わせて、9月からの季節限定メニューも好評発売中。



『抹茶ぱふぇ』 500円

ワンコインでこの贅沢なトッピングです♪


是非、みなさまのご来館をお待ちしております。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
秀草会秀作展『野の花の寄せ作り』
康耀堂美術館のコレクション展(秋)と同時に、秀草会代表で野の花
の寄せ作り作家の加用利秀先生と佐々木秀子さんの秀作展『野の花の
寄せ作り』
がはじまっています。




今年もたくさんの作品を展示していただいていますが、展示された
作品を少しだけご紹介。



昨日スタッフが撮影してくれましたが、雨の中の寄せ植えもしっとり
と風情があってとても素敵です。
この場所以外にも、例年通り中庭一面と展示室A側の回廊にも数点、
素敵な作品たちが展示されています。

なお、展示会場中庭の一角に、白い長テーブルが置いてあり、その上に
秀草会でご用意いただきましたご署名簿が置かれていますので、
お差し支えがないようでしたら、ご署名にご協力くださいますよう、
お願いいたします。

秀草会秀作展『野の花の寄せ作り』は、9/25(日)まで開催しています。
是非、皆様のご来館をお待ちしております。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
秋のコレクション展
みなさん、こんにちは。

先日は展示替えと本学通信教育部博物館学芸員課程の博物館実習実施のため、
長いお休みをいただき、ご迷惑をお掛けしました。

ご報告が遅くなりましたが、9/22(木・祝)から秋のコレクション展がはじ
まりました!



今回のテーマは『旅の愁い』

旅は五感を敏感にさせ、普段見逃しがちな事柄に気づき、新たな発見があっ
たりするものです。日常から距離をおくことで、自分自身を見つめ直す機会
にもなるでしょう。作家たちも日頃から感性を研ぎ澄まし、制作に打ち込む
一方で、時にはモチーフを、時には孤独を求め、旅へと出かけたのではない
でしょうか・・・。

今回のテーマを軸に、本学通信教育部博物館学芸員課程で学ぶ学生たちは、
当館で実施された博物館実習の中で、一人一人が作家を担当し、その作家の
作品と真摯に向き合い、丁寧に展覧会をつくり上げました。

この蓼科も賑やかな夏が過ぎ、冬への準備を始める自然の移ろいにしみじみ
と哀愁を帯びてゆきます。静寂な空気の中で作品を通じて作家の心情に思い
を馳せ旅に出かける気分でお愉しみいただければ嬉しく思います。

秋のコレクション展『旅の愁い』は、11/30(水)まで開催しています。
早いもので、本展覧会は康耀堂美術館の今年最後の展覧会となります。

是非、みなさまのご来館をお待ちしています。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -