RSS | ATOM | SEARCH
参加してきました!
みなさん、こんにちは!

8月も半ば。早くも康耀堂美術館周辺には秋の気配が漂いはじめています。
トンボが飛び交い、あちらこちらでコスモスが咲いているのを見かけるよう
になりました。




立秋も過ぎて暦の上ではもう秋ですが、夏はまだ終わっていません!!

みなさん、先日ブログでお知らせした『ミュージアム・スタンプラリー2017 
信州とあそぼ!』を覚えていますか?

 

8/14(月)にスタッフUさんを誘って、一緒に参加してきました!
私たちが行ってきた美術館は「原田泰治美術館」、「シルクファクトおかや」、
「イルフ童画館」の3館。

3館目のイルフ童画館で達成賞『オリジナル缶バッチ』をもらって来ました♪




実際に参加してみた感想は、単純に楽しかったです。スタンプを集める楽しさや、
グッズをもらえる嬉しさは大人になっても変わらないものですね。
『ミュージアム・スタンプラリー2017 信州とあそぼ!』は、8/31(木)まで
開催しています。

今年からは大人の方も参加できるようになっています。恥ずかしがらずに、ぜひ
子どもたちにまじって参加してみてはいかがでしょうか。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
夏休みの課題は康耀堂美術館で。
みなさん、こんにちは!
暑い日が続いていますが、暑さに負けず元気にお過ごしでしょうか。

康耀堂美術館周辺も朝から蒸し暑かったのですが、綺麗な青空を見て爽やかな気持ちになることができました。




8月も1週間が過ぎようとしているこの時期、子供さんが夏休みに入っているご家庭も多いと思います。

お住まいの地域によってお休みの期間は異なるようですが、夏休みというのは、子供たちにとって待ち遠しくて・嬉しくてたまらない、特別なお休みのはず。
遥か昔の私もそうでした!

夏休みといっても楽しいことばかりではなく、「課題(宿題)」もつきものです。
最近の中学生には「美術館レポート」という課題が出されることがあると知りました。

数日前、中学生の男の子がご家族と康耀堂美術館に来てくれました。
少しお話をさせていただく時間があったので来てくれた目的を聞いてみると、学校から出された夏休みの課題「美術館レポート」があったから・・・と教えてくれました。

課題のために康耀堂美術館を選んでいただけたことが、とても嬉しかったです。

この中学生の男の子と同じように、課題が出ている子供さんも多いのではないでしょうか。今、康耀堂美術館では夏のコレクション展『想いをカタチに』を開催しています。






この夏、子供さんたちが課題を行う場として、ぜひご活用いただけたら嬉しく思います。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
『ミュージアム・スタンプラリー2017 信州とあそぼ!』
みなさん、こんにちは!

今日は、7/15(土)からスタートする『ミュージアム・スタンプラリー
2017 信州とあそぼ!』のお知らせです。
このスタンプラリーは、長野県・長野県教育委員会・(一財)長野県文化
振興事業団主催。長野県内の美術館・博物館のうち計142館が参加していて、
今年は康耀堂美術館も参加します。

開催期間中に参加館を訪れて、スタンプを3つ集めると・・・。
オリジナルグッズの缶バッジがもらえちゃいます♪
これがとってもかわいいんです〜!!
美術館スタッフも欲しくなっちゃうほど。(笑)





子供も大人も参加していただけます。
ぜひ、この夏!親子で一緒に参加してみてはいかがでしょうか。


※『ミュージアム・スタンプラリー2017 信州とあそぼ!』の更に詳しい
情報は、こちら をご覧ください。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
夏のコレクション展『想いをカタチに』がはじまりました!
みなさん、こんにちは!

6/26(月)〜30(金)は展示替えでお休みをいただき、どうもありがとうございました。お知らせが遅くなりましたが、7/1(土)から夏のコレクション展『想いをカタチに』がはじまりました。

今回の展覧会テーマ『想いをカタチに』

私たちは折りに触れて様々な想いを抱きます。自然の美しさや強さに感動したとき、時代とともに失われてゆく風景を目にしたとき、止まない戦争に対する怒りと哀しみや平和への祈り、感謝の気持ち、愛情など・・・。そんな目に見えない想いを、作家たちは独自の視点や表現方法で、作品を通して伝え残しています。

本展では、当館コレクションの中から作家が想いをカタチにした日本画・洋画の優品を選りすぐりご紹介します。
また、昨年に引き続き、八ヶ岳山麓の作家を紹介するシリーズとして、俳優業の傍ら八ヶ岳のアトリエで仏の姿に向き合いながら、仏像制作に打ち込んでいる滝田栄氏の『滝田栄 仏像と陶芸展』も併せてご覧いただけます。本来、仏像作品だけの展示を予定していましたが、陶芸作品もたくさん展示してくださっています。なお、特に日時は決まっていないのですが、お忙しいスケジュールの合間をぬって、滝田さんがひょっこり来館してくださっている日や時間帯があるかもしれませんので、みなさん「ドキドキ・ワクワク」しながらご来館いただければと思います!








見ごたえのある展覧会になっていますので、是非ご家族やご友人などお誘い合わせのうえ、ご来館いただけたら嬉しく思います。みなさまのご来館をスタッフ一同心からお待ちしています。

※本展に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、康耀堂美術館ホームページ をご覧ください。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
展示替えによる休館のお知らせ
みなさん、こんにちは!
この週末はどのように過ごされましたでしょうか?

今日の康耀堂美術館周辺は、朝から雲っていて肌寒い1日となりました。

今年は寒いのか、中庭の寄せ植えたちの中に葉を赤くしているもみじを
見つけました。まだ6月だというのに・・・。



梅雨時は、蒸し暑い日があったり肌寒い日があったりと、日によって
変化しますので、うっかりしていると風邪をひいてしまう・・・なんて
いうこともあります。みなさん、くれぐれもご注意くださいね。


さて、4/20(木)に始まりました春のコレクション展『みんなが恋した
作品展』は、本日が最終日でした。たくさんのお客様にご来館いただき、
どうもありがとうございました。

明日6/26(月)〜30(金)まで展示替えでお休みをいただき、7/1(土)
から夏のコレクション展『想いをカタチに』を開催します。

当館コレクションの中から作家が想いをカタチにした日本画・洋画の優品
を選りすぐりご紹介します。また、昨年に引き続き、八ヶ岳山麓の作家を
紹介するシリーズとして、俳優業の傍ら八ヶ岳のアトリエで仏の姿に向き
合いながら、仏像制作に打ち込んでいる滝田栄氏の『滝田栄 仏像展』も
ご覧いただけますので是非お楽しみに!!

※次回展覧会の詳細は、康耀堂美術館ホームページ でご案内しています。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
『スケッチ作品展』 展示期間変更のお知らせ
みなさん、こんにちは!
康耀堂美術館周辺は新緑の季節になりました。

開館前に康耀堂美術館と尖石縄文考古館をつなぐスロープを歩きました。ただ歩くだけならほんの数分ですが、どんなに限られた短い時間であっても、「観察しよう!」という気持ちを持って周囲を見渡しながら丁寧に歩くと、いろんな気付きや発見があるものです。

今朝は、このスロープを康耀堂美術館側から下っていき、つきあたりまで行ったところでUターンして戻って来ましたが、ほんの数歩足を進めただけなのに、木々の若葉が朝日を浴びて透き通っているのがとても美しいと感じて、足元には小さくて白い花が咲いていることに気付きました。

 


今日は1人で歩いたけれど、次はスタッフを誘って歩いてみようかな・・・。
「私1人だけでは気付けなかった何か」を、そのスタッフが発見するかもしれないし、1人で歩くより誰かと歩いた方がきっと楽しいはずだもの。


さて、さて、じつはここからが「今日の本題」なのです。

ただいま康耀堂美術館では、5/14(日)に開催された縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』で、参加者のみなさんが制作したスケッチの作品展を開催しています。当初の予定では、5/31(水)が展示最終日となっていましたが、展示期間を延長して6/18(日)までご覧いただけることになりました!!

この「スケッチ作品展」スペースは無料でご覧いただけますので、受付で「作品展を観に来ました!」とお伝えくださいね。

こんな雰囲気で展示されています!!






なお、縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』の授業内容やその様子などは、康耀堂美術館ホームページ でもご覧いただけるようになっています。

是非この機会に、ご家族やご友人の方々とお誘いあわせのうえ、康耀堂美術館へ遊びにいらしてください。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
康耀堂美術館 開館!
長い冬期休館が明けて、康耀堂美術館は今日開館しました。

数日、強い風が吹いていましたが、今日は朝から穏やかな
お天気で、エントランスのパンジーが元気よく咲いていました。






ビタミンカラーのパンジーから元気をもらい、スタッフ一同
笑顔でみなさんをお迎えしたいと思いますので、今年も1年
どうぞよろしくお願いします。












author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
今年は4月20日(木)に開館です!
みなさん、お久しぶりです。

昨年12月から冬期休館に入っていた康耀堂美術館も新年度を
迎え、開館に向けて着々と準備を進めているところです。

毎年この時期になると、「今年はいつ開館しますか?」という
お問い合わせをたくさんいただきますが、スタッフにとっては、
「今年も開館を心待ちにしてくださっている方がいる」という
ことを実感できる瞬間でもあり、とても嬉しく思っています。
いつも、いつも、ありがとうございます。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

開館日/4/20(水)
営業時間/10:00〜17:00(最終入館16:30)


また、2017春のコレクション展では『みんなが恋した作品展』
を公開します。



2010年から2016年に当館で実施したアンケート結果から、
多くの人を魅了した日本画と洋画、ガラス工芸の作品を
ご紹介します。
また、今年「日本画・盪鈎ね宰弩10年」を迎えるにあたり、
収蔵作品を一挙公開します。


今年もたくさんのお客様にご来館いただけたら嬉しく思います。
みなさまのご来館をスタッフ一同、心よりお待ちしています。




author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
今年度の営業が終了しました。
康耀堂美術館は11月30日(水)をもちまして今年度の営業が終了し、
12月1日(木)から冬期休業期間に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客さまにご来館いただきまして、本当にどうも
ありがとうございました。

休業中は何 かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解 ご協力
のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、2017年は4月20日(木)より開館いたします。
また皆様とお目にかかれますことを、スタッフ 一同心より楽しみに
しておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
明日、最終営業日です。
みなさん、こんにちは。

今朝も冷え込みが厳しかったですね。

池の周りとエントランスに植えられていたゼラニウムを
屋根のある場所へ避難させたので少し寂しい光景の中庭。




先日の降雪で池の水を抜くタイミングを逃してしまい、
今朝も氷がはっていましたが、お日さまの光が反射して
きれいでした。




葉っぱが氷に閉じ込められている場所もありました。




明日は11月最後の日。
11月の終わりとともに、康耀堂美術館は今年の営業を
終了し、来春まで閉館期間に入らせていただきます。

明日11/30(水)は通常通り10:00から開館しますので、
是非お誘い合わせのうえ足をお運びください。


よろしくお願いいたします。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -