RSS | ATOM | SEARCH
絵画鑑賞

全国的にもほとんど梅雨入りをしたようですが、
蓼科はここ数日晴れております。

前月はまだ桜が咲いていた中庭からの景色は、
すっかり新緑から深緑へ。


初夏の香りがしますね。




 さて、本日は当館に「茅野市立長峰中学校の美術部」
生徒さん20名が来館してくださりました。

当館にお越しいただく団体のお客さまは、ツアーや○○友の会
などのお客さまがほとんどですので、中学生の皆さんにお越し
いただくのはなかなか珍しいことです。
大変嬉しいですね。



鑑賞風景をチラリと拝見。


「タンポポかな?」

「菜の花じゃない?」





展示室A(日本画作品展示)

長峰中学校美術部は部員数も多く、人気の様子。







皆さん熱心に鑑賞中。





作品を近くで見たときと、離れて見たときの
色の違いに気づいた生徒さんたち。

引率の和田先生(美術部顧問)に報告しているようです。



そういう気づきがとっても大切ですね。





和田知恵先生は、なんと現在本学通信教育部
陶芸コースの学生さんとのこと。
嬉しいご縁です。


長峰中学校には陶芸窯があるようで、
陶芸の授業もできてしまうんですって。
学校に陶芸窯があることは茅野市では
珍しいことではないようです。

陶芸の授業が受けられるなんて素敵ですね。
うらやましい…。

私も一緒にやりたいです。


陶芸。





話がそれましたが、当館の展示室は
A(日本画)とB(洋画)の2つがあり、
展示室内の作品は全てアクリルガラスを
はずしているので色合いや質感がより見易く
なっています。
中学生の皆さんにはあまり馴染みのない日本画は、
岩絵具のザラザラとした質感やキラキラ光る粒子を
間近で感じていただけたのではないかなと思います。




少し遅い春を満喫していただけましたでしょうか。




 明日で春季展も終了し、来週からは夏季展
「生命の美−描かれた自然の恵み」を開催します。
夏らしい作品もお目見えしますので、
展示室内の雰囲気もまたガラリと変わりますよ。


これを機会に、またぜひ足を運んでくださいね。










author:koyodomuseum, category:観賞授業,
-, -, - -