RSS | ATOM | SEARCH
『スケッチ作品展』 展示期間変更のお知らせ
みなさん、こんにちは!
康耀堂美術館周辺は新緑の季節になりました。

開館前に康耀堂美術館と尖石縄文考古館をつなぐスロープを歩きました。ただ歩くだけならほんの数分ですが、どんなに限られた短い時間であっても、「観察しよう!」という気持ちを持って周囲を見渡しながら丁寧に歩くと、いろんな気付きや発見があるものです。

今朝は、このスロープを康耀堂美術館側から下っていき、つきあたりまで行ったところでUターンして戻って来ましたが、ほんの数歩足を進めただけなのに、木々の若葉が朝日を浴びて透き通っているのがとても美しいと感じて、足元には小さくて白い花が咲いていることに気付きました。

 


今日は1人で歩いたけれど、次はスタッフを誘って歩いてみようかな・・・。
「私1人だけでは気付けなかった何か」を、そのスタッフが発見するかもしれないし、1人で歩くより誰かと歩いた方がきっと楽しいはずだもの。


さて、さて、じつはここからが「今日の本題」なのです。

ただいま康耀堂美術館では、5/14(日)に開催された縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』で、参加者のみなさんが制作したスケッチの作品展を開催しています。当初の予定では、5/31(水)が展示最終日となっていましたが、展示期間を延長して6/18(日)までご覧いただけることになりました!!

この「スケッチ作品展」スペースは無料でご覧いただけますので、受付で「作品展を観に来ました!」とお伝えくださいね。

こんな雰囲気で展示されています!!






なお、縄文アート『土器、ドキドキ!縄文探検隊!!2017』の授業内容やその様子などは、康耀堂美術館ホームページ でもご覧いただけるようになっています。

是非この機会に、ご家族やご友人の方々とお誘いあわせのうえ、康耀堂美術館へ遊びにいらしてください。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -