RSS | ATOM | SEARCH
秋のコレクション展がはじまりました!
みなさん、こんにちは!

つい先日まで半袖1枚でも十分過ごせていたのに、最近は半袖に上着を羽織ったり、
日によっては長袖を選んで着ることが多くなってきました。康耀堂美術館周辺は、
刻々と秋が深まりつつありますが、みなさんの地域はいかがでしょうか。

夏から秋へと季節が移り変わるこの時期。暑い夏を乗り切るために一生懸命頑張
った体が、最も疲れを起こしやすい時期だと思いますので、くれぐれも体調を崩
されませんように、引き続きお体を大切にお過ごしくださいね。

さて、少し長いお休みをいただいていた康耀堂美術館でしたが、無事に博物館実習
と展示替え作業が終わって、今日から秋のコレクション展がはじまりました。

今回の展覧会テーマは、『明日へのあしあと』

本展では、当館コレクションの中から「明日へのあしあと」をテーマに、日本画、
洋画、ガラス工芸の優品を選りすぐりご紹介します。

                 佐藤太清《雨あがり》(部分) 1991年

生命力溢れる夏から日を追うごとに移り変わってゆく自然の姿に寂しさを感じな
がらも春の芽吹きを心待ちにしながら、誰も足を踏み入れたことのない道なき道
を切り拓くように自らの表現を探求・挑戦し続ける作家たちの姿は明日への一歩
を踏み出す私たちの背中を押してくれる・・・そんな内容になっています。

また、本展の展示構成・作品レイアウトは、京都造形芸術大学通信教育部博物館
学芸員資格課程科目等履修生が、当館で実施された博物館実習の一環で担当して
いることも、見どころの1つとなっていますので、そのあたりにもポイントを置き
ながらご鑑賞いただけたら嬉しく思います。

本展覧会に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、康耀堂美術館ホームページ をご覧ください。


みなさまのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしています。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -