RSS | ATOM | SEARCH
爽やかな秋晴れでスタートしました!
みなさん、こんにちは!

今日から10月ですね。

その第1日目。
雲一つない、爽やかな秋晴れでスタートしました!

とても気持ちのいい朝だったので開館時間までのほんの数分、エントランス
周辺をぶらりと散策。

道端に山栗のトゲトゲ・イガイガがたくさん落ちていて、その中から弾き飛
ばされた山栗があちこちに転がっていました。




「これ、いい形。」、「殻がツヤツヤしていて美味しそう。」
なんて、独りごとを発しながら短い散策を楽しみました♪


長野県に「小布施(おぶせ)」という町があります。
室町時代から栗の生産が盛んで、極上の栗がとれ、江戸時代には幕府へ献上
していたらしいです。小布施町の栗には、長い長い歴史があるんですね!

この小布施町。

日本画家・中島千波先生の生まれ故郷で、『おぶせミュージアム・中島千波
館』という美術館があります。

このたび『おぶせミュージアム・中島千波館』では、開館25周年を記念する
企画展が開催されます。

1992-2017 開館二十五周年記念 美術館がやってきた!『中島千波展』





この企画展の中で、康耀堂美術館が収蔵している中島千波先生の以下3作品
が展示されます。

・《山高神代桜》     1998年 
・《春霞富士桜》     1999年
・《晴日本久寺の枝垂桜》 2000年

なお、康耀堂美術館が収蔵の3作品が展示される期間には限りがありますので、
くれぐれもご注意ください。

展示期間:2017年10月6日(金)〜2017年11月5日(日)まで
 

康耀堂美術館での展示とは、ひと味もふた味も違った展示風景を楽しんでいた
だけると思いますので、少しでも多くの方々に足をお運びいただけたら嬉しく
思います。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -