RSS | ATOM | SEARCH
秋の作家三人展
みなさん、こんにちは。

先日、秋のコレクション展がはじまったことをご案内しましたが、八ヶ岳
山麓の作家シリーズ「作家三人展」
の作品も入れ替わっています。

今回も美術館の秋のコレクション展テーマ『日溜まり』に合わせて作品
を選んでくださっています。作家さん3名の個性が発揮された秋らしい作品たち。
その展示風景を少しご紹介します。


●後藤吉久さん(洋画/パステル)


後藤さん作品の足元には、秀草会の寄せ植えが並んでいます。
元々、秀草会の佐々木さんが後藤さんとお知り合いで、この春に紹介して
いただいたことがキッカケとなり、「作家三人展」という企画につながり
ました。このコラボ展示がとても素敵なので、ぜひ観ていただきたいです。


●大庭玉楊さん(書/かな書)


大庭さん作品の展示スペースは、回廊Aの入り口に変更しました。この場所
には天井に3個のスポットが備えてあり、光の色が電球色に近いので、その光
が遠目から展示コーナーにあたることで、「かな書」の落ち着いた雰囲気を
より一層引き立てています。
お借りした5作品のうち2作品は、ワイヤーで吊り下げ展示も行っています。


●若狭宣子さん(洋画/水彩)



若狭さん作品は、暖色系で温かみのある抽象画と風景画が展示されています。
少し大きめの作品は、展示室A入り口前の壁面に展示していますが、大庭さん
の展示スペースと近く、「作家三人展」というつながりを出すことにも工夫を
しました。

いかがでしょうか。
どの作品も、美術館の展覧会テーマ『日溜まり』にピッタリです。

秋のコレクション展『日溜まり』は、康耀堂美術館にとって今年最後の展覧会。
お一人でも多くの方にご鑑賞いただけたら嬉しく思います。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -