RSS | ATOM | SEARCH
展示替えによる休館のお知らせ
みなさん、こんにちは!

1週間、お元気でしたでしょうか。
ブログを書いていると、1週間がとても早く感じます。

4/20(金)に始まりましたSpring Exhibition 2018『Me Time』は、
本日を持って終了いたしました。たくさんのお客様にご来館いただき、
どうもありがとうございました。

明日6/30(土)〜7/2(月)まで展示替えでお休みをいただき、
7/3(火)から Summer Exhibition 2018『Colorful』を開催
します。

当館収蔵作品の中から「カラフル」をテーマに色の持つ力、配色により
生まれた色のハーモニーを楽しめる日本画作品・洋画作品・ガラス工芸
作品をご紹介します。



※次回展覧会の詳細は、康耀堂美術館ホームページ でご案内しています。


春の展覧会同様、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
自分の時間を過ごす場所
みなさん、こんにちは!
1週間いかがお過ごしでしたでしょうか?

沖縄地方の梅雨明けが発表されたと言うのに、蓼科は朝から雨。
今は強めの雨が降っています。

こんな悪天候にも関わらず、美術館へ足を運んでくださるお客様には
感謝、感謝です。いつも、どうもありがとうございます。


さて、現在開催中のSpring Exhibition 2018『Me Time』。
4/20(金)にスタートしたコレクション展でしたが、来週6月29日(金)
に終了となります。




●康耀堂美術館展覧会情報
 Spring Exhibition 2018『Me Time』

 詳しい展覧会情報はこちらへどうぞ!

4月に新年度がスタートし、「もう6月も終わりかぁ・・・」と時間が流れる
早さを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
梅雨の季節はお天気も変わりやすく、雨の日は昼間でも薄暗くてジメジメ
していて、憂鬱な気持ちになることもあると思います。

先日、「梅雨バテ」という言葉を耳にしました。梅雨の季節にも、夏バテ
と同じようにバテてしまうこともあるのだそうです。

原因は「不安定なお天気」「雨で日照時間が短い」「寒暖差」などが上げ
られていましたが、梅雨独特の気候が自律神経に影響して、バランスを乱
してしまうのだとか。

ここからは、「そこに繋げるか!!」っていう流れになります。(笑)

Spring Exhibition 2018『Me Time』は、「自分の時間」がテーマ。
収蔵作品の中から、ホッと一息ついていただけるような日本画作品・洋画
作品・ガラス工芸作品をご紹介しています。

あなたがリラックスできることは何ですか?あなたがリラックスできる場所
はどこですか?って聞かれたら・・・。
みなさんは、答えられる「何か」「場所」はありますか?

何も浮かんで来なくても安心してくださいね。美術館があります!!

もし、「自分の時間をゆっくり過ごしたい!」というお気持ちがほんの少し
でもあるようでしたら、自分が好きな場所へ行くのと同じように気軽な気持
ちで、ぜひ康耀堂美術館へお出掛けください。

お天気がいい日は、絵画観賞あとに中庭で過ごしてみるのも「自分の時間」。
雨の日は、BOOKコーナーで美術雑誌を読んだり、展示室のベンチに腰掛けて
目の前に展示されている作品と対話してみるのも「自分の時間」。

この康耀堂美術館が、みなさんの「リラックスできる場所」となって、多く
方が集うスポットになれば嬉しく思います。

スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています。


author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
展覧会企画と作品公開について
みなさん、こんにちは!

今日は朝から雨。梅雨らしい、しっとりとしたお天気になっています。
みなさんの地域はいかがでしょうか?

お住まいの地域によっては、雨の日と晴れの日の気温差が大きいところもある
と思います。体調を崩しやすい時期でもありますので、みなさん引き続きお体
を大切にお過ごしください。

さて。

今回は、康耀堂美術館が「どのように展覧会を企画して、作品を公開している
のか?」ということについてお話をさせていただこうと思います!

康耀堂美術館には、近現代の日本画・洋画、ガラス工芸作品が約350点収蔵され
ています。できるだけ多くの作品をみなさまにご覧いただけるよう、季節毎に
テーマを設けて年3〜4回展示替えを行っています。

※康耀堂美術館のパンフレットに掲載されている作品について
 パンフレットに掲載されている作品は、収蔵作品の一部をご紹介しています。
 ご来館いただく季節やそのときの展覧会テーマにより、ご覧いただくことが
 できない作品がございますので、あらかじめご了承ください。



『康耀堂美術館パンフレット』


また、展覧会を企画する上で軸となっているテーマ設定。
そこには、展覧会の企画者(学芸員)からみなさまへ向けたメッセージが込めら
れています。是非、そのメッセージを読み解きながら、公開されている作品をご
観賞いただけましたら嬉しく思います。


●康耀堂美術館展覧会情報
 〜6/29(金)まで、春のコレクション展「Me Time」を開催中。

 詳しい展覧会情報はこちらへどうぞ!


康耀堂美術館スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています!

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
BOOKコーナー
みなさん、こんにちは!

今日は雨上がりの翌日。
少し風は吹いていますが、空気が澄んでいてとてもいいお天気になりました。

夏の入道雲のようなモクモクとした大きな雲が出ていたので、しばらくその雲の
行方を目で追っていたとき・・・。

「ハート形」の雲を見つけました!




どうですか?ハート型に見えましたか?(笑)

このお天気、来週の月曜日くらいまでは続くとか・・・。
みなさん、週末の予定はお決まりですか?

康耀堂美術館では、今年春のオープン時から『BOOKコーナー』を設置しています。



このコーナーには、康耀堂美術館収蔵作品の作家に関する書籍、月刊誌の「美術
の窓」や「美術手帖」、京都造形芸術大学発行の広報誌などを置いています。
テーブルと椅子をご用意していますので、気になる本を手に取って、ゆっくりと
お過ごしください。

また、テーブルの上に「みんなのあしあと」というノートが置いてあります。



蓼科に遊びに来た目的や美術館の雰囲気や展覧会を観た感想などなど。
お気軽に自由に記入していただけたら嬉しいです♪

ぜひ、みなさん。
この週末、康耀堂美術館へお出掛けください。

スタッフ一同、心よりお待ちしています!

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
中庭のはなし
みなさん、こんにちは!

お天気がよく暖かい日には、中庭にセキレイが遊びにくるようになりました。
野鳥なのにあまり人を怖がりません。少し離れたところから、こちらの様子を
伺っている姿がとても愛らしく、まるで自分のお庭のように飛び回っています。

そんな中庭には、今年も秀草会・加用先生と佐々木さんの寄せ植え作品が展示
されています。







2枚目の写真は、小さなスズランのように見えますが「ヒメシャクナゲ」と
いうお花だそうです。

シャクナゲというと、大きく花開いている種類をイメージしますが、名前に
「ヒメ」とついているだけあり、小さくて可愛い花が咲いています。

ご来館の際には、ぜひ通路脇に展示されている寄せ植えたちにも目を向けて
いただけると嬉しく思います。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
みどりの日
みなさん、こんにちは!
GW後半2日目、いかがお過ごしでしょうか。

今朝は曇り空でほんの少し雨がパラパラしていましたが、今はこんなに快晴。
エントランス周辺では、オレンジ色のツツジがたくさん咲いています。





今日は「みどりの日」

英語では「Greenery Day(グリーナリーデイ)」と言うそうですが、
みなさんは『みどりの日』になった由来をご存知ですか?

恥ずかしながら私は由来までちゃんと答えられませんでした・・・。
他の祝日も・・・。

●5月4日「みどりの日」
 昭和天皇が自然をこよなく愛されたことから、植物にちなんだ名前という
 意味で、みどりの日とすることになった。
 「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」こと
 を趣旨としている。

こんなにも深い思いが込められた由来と趣旨があると分かったので、これから
はもう少し祝日を大切に過ごそうと思いましたキラキラ
今日は周辺の自然や植物たちとしたしみその恩恵に感謝します植物


さて、ここからは康耀堂美術館からのお知らせです!!

2018年4月14日(土)〜6月17日(日)まで、世田谷美術館(東京)では
『人間・盪鈎ね催検/考緞象への道』
が開催されています。
この展覧会【後期】で、康耀堂美術館収蔵作品の中から盪鈎ね査酩3点が
展示されます。



展示期間/【後期】2018年5月15日(火)〜6月17日(日)

展示作品/盪鈎ね此堝鷽諭1997年、盪鈎ね此塲澤阿詬爾戞2001年、
     盪鈎ね此堊雜兇猟》2001年


康耀堂美術館での展示とは、ひと味もふた味も違った展示風景を楽しんで
いただけると思います。少しでも多くの方々に足をお運びいただけたら嬉
しく思います。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
ゴールデンウィーク
みなさん、こんにちは!
2018年度の営業がスタートしてから、ちょうど1週間が経ちました。

まだ少しだけ桜の余韻が残っている場所はありますが、美術館エントランス周辺
では、シャクナゲやツツジが元気に咲きはじめ、とても賑やかになってきました。






明日の土曜日からGWの大型連休に入る方も多いことと思います。
GWの計画はもうお決まりですか?

まだ決まっていない・・・という方は、ぜひ康耀堂美術館へお出掛けください。
この春の展覧会から、『ゆっくりじっくり作品をみるためのポイント!』を配布
しています。




ポイントは3つ。

1)展示作品の中から「気になった作品」「好きだと思う作品」をひとつみつける
2)その作品をじっくり観察する
※ただ作品を眺めているだけではなく、近づいたり離れたりして、五感を働かせ
 てじっくり観察する
3)絵の中に何が描かれているか?
※絵の中から感じる「音」「匂い」「場所」「時間」「季節」「温度」など、
 気付いたこと・考えたこと・感想などを思いつくままにメモする

美術観賞が楽しくなれば!という趣旨なので、難しくありません。
ポイントに沿って、楽しみながら参加してもらえたら嬉しいです。


スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています。

author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
康耀堂美術館 開館!
長い冬期休館が終わり、康耀堂美術館は本日開館。朝からいいお天気に恵まれ、
スタッフ一同晴れやかな気持ちで開館初日を迎えました。

康耀堂美術館を愛してくださっている『みなさま』。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

春の展覧会では、Spring Exhibition 2018『Me Time』をご覧いただきます。
本展では、収蔵作品の中から心の緊張をホッとほぐしてくれる日本画・洋画・
ガラス工芸の優品を選りすぐりご紹介します。



テーマは「自分の時間」
春は何かと忙しい時期。がんばりすぎてしまったときは、ぜひ康耀堂美術館へ
足をお運びいただき、自分だけのとっておきの時間を過ごしてみませんか。

※展覧会に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、展覧会のご案内 をご覧
ください。

週末もお天気がよさそうです♪
スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています。


author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
2018年度開館日のお知らせ
みなさん、こんにちは!お久しぶりです。
元気にお過ごしでしたでしょうか?

長い冬期休館をいただいていましたが、月日は流れてもう4月。
新年度がスタートしました。

エントランスの一角。
木蓮の花が咲きはじめましたが、ようやく『春の訪れ』を実感しているところです。




この春の訪れとともに、康耀堂美術館は4月20日(金)から開館します。
昨年同様、今年もどうぞよろしくお願いします。


【展覧会情報】

 展覧会名:Spring Exhibition 2018『Me Time』
 開催期間:2018年4月20日(金)〜6月29日(金)
 営業時間:10:00〜17:00(最終入館時間16:30)
 入館料:一般300円、中学生以下・本学学生無料 

春は生活環境が大きく変化し、新しい環境に慣れるまではストレスを感じやすい季節
でもあります。忙しい時期だからこそ、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。本展では、当館コレクションの中から自分の時間をテーマに日本画、洋画、ガラス工芸の優品を選りすぐりご紹介します。





本展覧会に関する詳しい詳細をお知りになりたい方は、康耀堂美術館ホームページ をご覧ください。

今年もたくさんのお客様にご来館いただけたら嬉しく思います。
みなさまのご来館をスタッフ一同、心よりお待ちしています。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -
冬期休業のお知らせ
みなさん、こんにちは!

康耀堂美術館は11月30日(木)をもちまして今年度の営業が終了し、
12月1日(金)から冬期休業期間に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客さまにご来館いただきまして、本当にどうも
ありがとうございました。

休業中は何 かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解 ご協力
のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、2018年は4月20日(金)より開館いたします。
また皆様とお目にかかれますことを、スタッフ 一同心より楽しみに
しておりますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
author:koyodomuseum, category:美術館からのお知らせ,
-, -, - -